胃透視、レントゲン検査、放射線検査などの不安に答えます。


放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ



新着情報
スポンサーリンク








注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!



体の健康情報サイト
みなさんと栄養の
危機的状況を
乗り越えましょう。

213号【いい動きだぁ!】


動き方のコツ・・・
放射線技師が、マイクで指示した動きと

あなたの動きが違うと、検査が進みません。

私が、最初よくしてしまったのは・・・

”はい、壁のほう向いて・・・”
部屋なので、どっち向いても壁ですから(笑)
もうひとつは・・・
”あっち向いて・・”
”こっち向いて・・”

もう、これは私のほうからでしか見ていない言い方ですね。
いろいろ機械のレイアウトは施設によって違うと思いますが

大体、検査台を横から見るように、操作室が設置されていることが多いでしょう。

思わず、あっち、こっち、と言ってしまうのですね。

あと、
”あちらの方から・・・”
”こっちの方から・・・”

も、出てしまいます。

道案内で、ナビが、”次の信号、あっち・・・”なんて言ったらわかりませんよね(笑)

世界で、あっちは右、こっちは左、って決まっていれば別ですが。。

やはり、患者様から見てわかりやすいのは

右、

左、

でしょうね。普通に考えれば、大したことはないのですが急に言われると、逆に動いてしまうんですねー。落ち着いて動きましょう。

胃透視でよくある動きが・・・

”右腰上げて””左腰上げて”です。

あなたが、普通に仰向けに寝て、右腰上げる、をしてみてください。

・・・・くいっ・・・・・・

はい、あがっていますね(笑)
そのとき肩はどうなっていますか?
右肩が床にくっついていますか?
右肩が床について右腰だけ浮いた状態・・・・
体がねじれている状態、では自分で思っているほど体の中身(内臓の方向)は変わっていません。

私が、実験台で胃透視をしてモニターで確認しましたから(笑)

やはり、右肩、右腰両方を浮かせて体全体が斜めの状態が理想です。厳密には難しいですが、できるだけ、ということで。

では、

”右斜め向いて”

っていってもいまいち反応が悪いんですよねー

みなさんの経験で、こう言われてわかりにくかった・・・動きやすかった・・・ということがありましたら、何でもメールください。胃透視の体験談でもうれしいでーす。



次へ
戻る


メルマガ登録・解除
自分の体は自分で守る!!病院でのレントゲン検査
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

規約に同意して登録 解除



スポンサーリンク




私・・・・



SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO