放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク






注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!
↑↑ココ↑↑

骨盤(3)


股関節の、骨折で多いのが、

頸部骨折、です。

頸部骨折は、折れた場所によって、内側骨折、外側骨折と区別されています。

両者で、治療法と予後(治り方や期間)が違うんですねー。

内側骨折は、字のごとく、内側です。
骨がくびれている、細いところが折れることです。
股関節は、筋肉、靭帯があり、血管もいっぱい、はしっています。

なかには、金属を入れてもくっつきにくかったり、まれに、骨頭壊死(こっとうえし:骨の細胞が栄養されなくなり死んでしまうこと)を起こすことがあります。

人間の骨は、すごくって、折れたらくっついて太くなる、という話は聞いたことがあると
思います。

骨が、ポキッと折れたとき、大体はくっつこうとするのですが
ときどき、骨が折れて、勝手に、関節、と思い込んでくっつかないことがあります。

これを、偽関節(ぎかんせつ)といいます。
字のごとく、うその関節です。

そうなると、もう一度手術です。
なぜ?かは、整形外科の医者に今度機会があれば聞いてみます。すみません。

たまーーにいるんですよね。


外側骨折は、頸部の外側の骨折です。
一般的に、予後は良好といわれています。


外側ならラッキー?なほうです。




戻る








スポンサーリンク








SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO