放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク








注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!


体の健康情報サイト
みなさんと栄養の
危機的状況を
乗り越えましょう。

こんな考えも・・・?


現在、医師不足が取り上げられています。

皆さん聞いたことありますか?

なぜ?

医学部減っています?

いえいえ。

病院いっぱい出来てます?

いえいえ。

詳しい話は、また今度にして、

最近、小児科医、産科医などが不足している、というのは聞いたことがあるでしょう。

ひそかに、不足している科・・・・・・

放射線科医!!

です。

放射線科医?

すみません、言い方が悪いのですが、マイナーな方でしょう。
一般の方に、何を仕事としているかわかる方は少ないと思います。

皆さんの、CTやMRIなどの検査を、専門に読影している先生です。

実は、さらに細分化されていて

放射線科、と、核医学科、に分かれています。

核医学科?

そうです、RI(ラジオアイソトープ)です。

PETは新しい検査です。

さて、誰が専門で読影しますか?となったとき

核医学科の医者が読影していく流れができたみたいです。
地域、病院によっては、放射線科医が読影しているところもあるでしょう。

さて、話をもどします。

PETはブーム的なものでどんどん導入されました。

放射線科の医者は不足気味です。

PETの機械が増えるのに、読影する医者が足りない、という状態が発生しました。

さらに、追加の撮影がいるかどうか判断が難しい検査です。

経験もさらに必要です。

専門の、PET読影医が不足している!!

その、不足している医者を確保してPETを運営している病院!!

これが大事だと思います。

依頼科がそれぞれ読影すること、放射線科が読影することを否定しているのではないのです。

依頼科、放射線科はそれぞれ仕事があります。

さらに、PETも読影しろ、という病院かちゃんと読影医を確保して運用する病院、

っていう違いはあると思います。

さらに、PET読影医を引っ張ってこれる病院は、

大学がある程度人事権をもっている場合が多いですので、大学が医者を派遣しておきたい病院

ということも、いえると思います。


スポンサーリンク
次へ・・・
戻る・・・
PETのページへ戻る

メルマガ登録・解除
自分の体は自分で守る!!病院でのレントゲン検査
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

規約に同意して登録 解除

スポンサーリンク




私・・・・



SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO