放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク








注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!


体の健康情報サイト
みなさんと栄養の
危機的状況を
乗り越えましょう。

PET検診の実際は?


見落としは?

ま、はっきりいって0ではありません。

苦手なところもあるのです。

じゃあ、たいしたことないの?

やりようによっては、違ってくるということです。

PETで苦手なところを、
他の検査でカバーできたら?

つまり、骨盤部。膀胱など生理的集積で集まってしまう部位を

CT,MRIで検査できたら?

見逃しの確率は違ってくると思います。

また、
最初の撮影で怪しいところがあったとき

医師のリアルタイムの指示があれば、
時間経過後の集まりによって

生理的集積か?

病気か?

は、かなり違うと思います。

つまり、PETだけをしている施設なのか、総合病院のPETなのかはかなり違ってくると思います。

PET専門でもCT、MRIを備えている場合もありますが・・

断っておきますが、
どっちがいいか、悪いかではなく

やり方は、病院それぞれなのです。

じゃあ、皆さんが違いがわかるためには・・・・

これは、個人的ですが、

”常駐のPET専門の読影医がいるところ”

が、お勧めだと思います。

理由は・・・


スポンサーリンク
次へ・・・
戻る・・・
PETのページへ戻る

メルマガ登録・解除
自分の体は自分で守る!!病院でのレントゲン検査
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

規約に同意して登録 解除

スポンサーリンク




私・・・・



SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO