放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク







注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!
↑↑ココ↑↑


体の健康情報サイト
無呼吸症候群をはじめ、メタボリック、サプリメントなど取り上げています。体へのいたわり情報はココ。

CT(3)




それは・・・・

被ばく量です。

はっきり言うと、

画像がきれい
   ↓
情報量が多い
   ↓
レントゲン写真の情報=レントゲンの量
   ↓
被ばくが多くなってしまう

当然のことというか、自然な流れです。

以前にも触れましたが、被ばく量限度と言うものがあります。

目にはこれだけ、体にはこれだけ、などなど・・・・

でも、これって、放射線事故や放射線業務従事者に対しての値です。

患者として受ける医療被曝には限度は設定されていません。


なぜ?



まず、医療被曝は、患者にとって検査が必要であってなくてはならないもので、必要最低限の被ばくであることが当たり前、と言う考えだからです。

被ばく限度が来ましたので、これ以上放射線治療できません、はちょっと違いますよね?

患者にとって、必要な検査の被ばくは、病気がわかって治療方針が決まる、放射線治療によって腫瘍が小さくなる、などなど、

有益度が被ばくの危険度を上回っている!

はずなんです。。。

実際、CTの発展に伴い、きれいに見えるだけで被ばくが増えていいことないじゃない?と、思われた方も多いでしょう。

いえいえ、以前はわかりにくかったことがわかったことも多々あり、装置の発展によって検査の流れが、ガラっと変わったものがいくつもあります。


次へ⇒

スポンサーリンク








SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO