放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク







注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!
↑↑ココ↑↑


体の健康情報サイト
無呼吸症候群をはじめ、メタボリック、サプリメントなど取り上げています。体へのいたわり情報はココ。

CT(11)




マルチスライスCTでは、輪切りだけでなく縦切り、横切り、とか画像が作ることができます。

見えるものが増えたのと同時に、放射線被ばくとデーター量も格段に増加しています。

全部が全部、4回撮影が必要なの?

いいえ、人によって違います。必要なら必要だし、必要ないときももちろんあります。

で、このメルマガで言いたいこと。

必要な検査のみをしてくれている主治医、かどうかを患者の立場からわかるには?

答えは、いろいろな場合があるとして聞いてほしいのですがかかりつけ医者、また外来で毎回同じ医者に通います。
すると、人柄とか、合う合わないはもちろんわかってくるのですが、

患者さんは、毎回同じ病気とは限りません。
今日は、お腹、今度は別の場所、とかまったく同じとはあまりないでしょう。
でも、その医師がオーダーする検査が、毎回同じだったら。言葉が悪いのですが、決まっているときがあります。
お腹が痛ければ、胸部X写真、腹部X写真の立位、臥位、腹部CT、血液検査、ひどいときは
心電図も・・・
どこの場所が悪くても、胸、腹のX写真、CT、がセットになっているとか・・・。
毎回、毎回必ずCTが必要か?
写真と血液検査の結果でCTを撮影する、は、わかります。
でも、問診だけで毎回CTまで撮影したり、まだ問診を医者がするならまだましですが
外来で看護師が聞いてきて
”どうされました?”
”お腹が痛いんですけど”
”はい、レントゲンとCTと血液検査してきてください”
って言われたら、ソッコーで帰ったほうが良いでしょう。

症状もわからないのに、必要な検査なんか分かるわけがないですから。

たしかに、CTを撮影すれば格段に見逃しは減ります。
が、そんな使い方しかできない医者は、それだけの人、なんです。





次へ⇒

スポンサーリンク








SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO