放射線,レントゲン検査,PET,MRI,CTなど・・病院検査なんでもサイト、はココ


新着情報
スポンサーリンク







注目情報!!
放射線総合サイトを
作り始めます!!
PET、CT、MRI、RI,超音波、
そしてレントゲン

放射線ドットビズ!!
↑↑ココ↑↑


体の健康情報サイト
無呼吸症候群をはじめ、メタボリック、サプリメントなど取り上げています。体へのいたわり情報はココ。

CT(5)




断面の写真をとります。
痛くないよ(笑)

まず、名前を呼ばれて入ると丸っこい穴が開いてる機械、そしてベッド。

まあ、検査を受けたことのある人も多いと思いますがその穴のまわりを、ぐるーんとX線管球がまわって写真を撮影します。
しかも、1回転0.5秒で(笑)
(カバーをはずすとすごい迫力です)

頭部CT。

頭をぶつけた、頭痛、手足のしびれ、意識消失、物忘れ、出血などなど、脳神経外科的には、
”無くてはならないもの、あって当たり前”の検査です。

中には、歩いて撮影室に入られて、画像をみてびっくり”あら、出血してる”と、お帰りはストレッチャー(移動式ベッド)になる人もいます。

自覚症状は軽くとも、中身は大変なことになってることも。

”季節の変わり目”って言葉どう思います?
私は、この仕事に入って実感しています。
当直のとき、テレビでお天気お姉さんが
”今夜この冬一番の寒気が・・・・・”と聞くと

”こりゃ、来るな”(笑)

くも膜下出血、急性心筋梗塞が!
(雲真っ赤出血と、変換されて一人で笑ってしまった)

心筋梗塞はカテーテル検査でお話します。

くも膜下出血。
恐ろしいです。助かる人もいれば亡くなる人もいます。いつ、どこで起きるのか?発見の時間、出血の量、場所、すべてによって違ってきます。

脳は、軟膜、くも膜、硬膜と膜がありまして血管が表面をはしっています。
その血管が、何らかのきっかけで破れると、出血を起こします。

どんな感じ?

発見が早く出血の量が少なく、緊急オペで後遺症もなく退院された人が言ってたのですが、

トイレで巨大なハンマーで頭を後ろからぶん殴られた

と、思ったら気づいたら救急車だった、と。

出血も、一気に出るもの、徐々に出るもの、ちょっと出て止まるもの、さまざまです。
血管も、動脈瘤という”こぶ”があると出血の原因になります。
事前にわかれば、期間で大きくなるか、観察していけばいいしこぶ、の形によってはクリップでとめたり”コーティング”と言って、破れないように膜を作る手術もあります。

次へ⇒

スポンサーリンク








SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO